self+service

Ethical
エシカル

SELF+SERVICEの
「エシカル」に対する考え方

人と環境に配慮したサスティナブル(持続可能)な社会を実現できるよう
天然素材を中心とした商品の推奨、販売を行っています。

また、リサイクル素材を積極的に取り入れた商品を販売し、
一部店舗では使われなくなったセルフ+サービスの商品を回収して、
新たな資源として利用されるような取り組みに参加しています。

さらに、二酸化炭素の排出を抑えるため、販売商品全てにをカーボンオフセット対象としています。

おしゃれを楽しむうちに、
気がつけば環境保護に参加できる、そんな取り組みを進めていきます。

※衣料品の店頭回収は一部店舗で実施しておりません。詳しくは『店舗情報』をご覧下さい。

カーボンオフセットへの取り組み

カーボンオフセットとは、自分の活動から出すCO2のうちどうしても削減できない量を、別の場所での削減・吸収量で埋め合わせすることです。


SELF+SERVICEは、自社商品の製造・運搬によって排出するCO2を出来るだけ減らす取組を行っていますが、どうしても減らしきれない、運搬にかかるCO2を埋め合わせるために、国が認証したCO2削減事業からうまれた排出権(J-クレジット)を購入することを通じて、地球温暖化防止に努めています。

商品1点あたり100gをオフセット量として換算し、CO2削減事業の一例として、北谷浄水場における二酸化炭素排出削減事業計画 ポンプ設備の更新(沖縄県企業局)による排出権購入などを行ってきました。

カーボンオフセット協力会社
一般社団法人日本カーボンオフセット

カーボンオフセットへの取り組み

衣料品回収について

SELF+SERVICEでは、限定店頭にて販売した衣料品の回収に取り組んでいます。

お客さまより回収した衣料品は、海外で再び使用されたり、リサイクルされ、新しいモノやその 材料に生まれ変わります。
そうして限りある資源を大切に使うことで、ゴミも減らせて、地球温暖化の抑制にもつながるなんて、ちょっと素敵だと思いませんか?

衣料品回収について

回収~再利用の流れ

  1. 1. お客さまが以前ご購入いただき、ご不要になった衣料品を店頭で下取り、回収します。
  2. 2. 店頭のリサイクルBOXに一時的に保管し、定期的に提携回収業者に依頼し、選別工場に送られます。
  3. 3. 選別工場にてリユースされるものと、リサイクルされるものに選別されます。

提携回収業者
ナカノ株式会社

回収~再利用の流れ
回収~再利用の流れ
リユース

「まだ着られる場合はそのままの形で海外へ」
まだまだ着られる衣料品はNGOなどを通じて、海外に輸出され再利用されます。
また、裁断し工場用ぞうきん(ウェス)としても活用されます。

リユース
リサイクル

「素材に戻し、新たな製品として再生する」
素材別に選別され、マテリアルリサイクル(繊維の再利用)や、ケミカルリサイクル(繊維の再生)といった方法で、新たな資材や商品に生まれ変わります。


マテリアルリサイクル
衣料品をほぐして、わた状に戻し別の製品や繊維に生まれ変わります。

マテリアルリサイクル

ケミカルリサイクル
ポリエステル繊維を石油原料レベルまで戻し、新しいポリエステル繊維品に再生されます。

ケミカルリサイクル
BRING

「BRING」に参加しています
BRINGは、日本環境設計が展開する、服の回収からリサイクル、再生素材を使った洋服の販売までを行うブランドです。
古着に含まれるポリエステルを使って、もう一度ポリエステル樹脂を製造する技術を開発しました。製造した樹脂を原料に、再び様々なポリエステル製品を製造することができます。「服から服をつくる」ことでサーキュラーエコノミーを実現します。


「BRING」についてはこちら

グリーンダウンプロジェクト

「グリーンダウンプロジェクト」に参加しています
不要になった羽毛製品を回収し、国内で解体され羽毛を再度洗浄することにより、新毛以上にきれいになったリサイクルダウンを使って新たなプロダクトを産み出す「羽毛の循環システム」が「グリーンダウンプロジェクト」。
解体作業に障碍者を採用し、羽毛を循環させる事で廃棄物として焼却せず、二酸化炭素の排出も抑制します。


「グリーンダウンプロジェクト」についてはこちら